債務整理 [事例5]

競馬によるギャンブル依存症、借金130万円⇒自己破産で借金0円に!

30代男性
債務整理方法借金総額
自己破産 130万円 ⇒ 0円

背景

Aさんは競馬にのめり込み、借金をしてまで競馬に費消していました。多い時で給料の半分以上を競馬に充てることもあったため、専門医に診てもらったところ「ギャンブル依存症」であると診断されました。
その後、治療が功を奏し、一旦はギャンブル依存症を克服しましたが、しばらく経って、「少しだけなら大丈夫だろう」という軽い気持ちで競馬に手を出してしまい、それをきっかけに堰を切ったように再び競馬にのめり込んでいましました。結果、Aさんの借金は総額100万円以上にのぼりました。
「このままでは競馬を止められず、借金を増やしていくだけだ」と不安に感じたAさんは、
生活を立て直そうと当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

競馬などギャンブルが借金理由でしたので、自己破産手続の管財事件で進めることになりました。まず着手したのは、ギャンブル依存症の克服でした。そのためにもきちんと家計簿をつけてもらい、Aさんご自身を見つめ直してもらいました。合わせて倹約に努めてもらい、生活を立て直してもらいました。
その後、必要となる書類収集にもご協力いただきながら、破産手続の準備を進め、裁判所へ破産申立を行いました。

結果

破産申立の結果、Aさんの借金は無事に免除されました。まさしくAさんの反省の態度、および倹約に努めた点が管財人や裁判所に理解された結果でした。
この結果にAさんは大変安堵の表情を浮かべており、「二度と競馬に手を出しません」と誓っていらっしゃいました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-001-535 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-001-535
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ