交通事故 [事例3]

後遺障害申請、主婦休損で算出⇒賠償金390万円の獲得に成功

30代女性
主な症状損害賠償金
外傷性頚部症候群 390万円を増額

背景

自動車を運転していたAさんは信号待ちで停車していました。すると後方から、相手方車両が突っ込んできたため、Aさんの自動車は追突事故の被害に遭いました。
結果、Aさんはケガ(むち打ち症など)を負ってしまったという事案です。
その後、治療を継続して、症状固定のタイミングとなり、あとは後遺障害申請をするのみとなった際、「適切な後遺障害等級を得られるのだろうか」「今回の事故に見合う賠償金を得ることができるのだろうか」と不安になったAさんは、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

前述のとおり、あとは後遺障害申請をするのみといった状態でしたので、申請上必要となる書類収集のやり方、後遺障害等級を獲得するための診断書の記載の仕方などについて、Aさんに説明しました。
その後、それらの資料をもとに自賠責保険へ申請しました。また、Aさんはフルタイムでのパート就労ではなかったため、敢えてパート収入ではなく主婦休損をもとに算出して請求しました。

結果

後遺障害申請の結果、後遺障害14級が認定されました。また、主婦休損をもとに請求した結果、パート収入をもとにした金額よりも高額の賠償金を獲得することができました。
最終的に、合計390万円の賠償金の獲得に成功しました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-001-535 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-001-535
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ