刑事事件 [事例1]

勤務先の女子トイレで盗撮行為、逮捕⇒示談成立、不起訴処分

30代男性
罪名結果
軽犯罪法違反 不起訴

背景

Aさんは自身が勤める会社の女子トイレ内で盗撮行為をはたらきました。女子トイレに忍び込み、壁の隙間からタブレットを挿入して撮影していたところ女子社員に見つかってしまい、警備員室へ連れて行かれた後、警察に連行されました。
その日は、警察による事情聴取のみで終わり、身柄拘束を受けずに済み、Aさんは釈放されました。
しかし、Aさんは今後のことが非常に心配になってしまい、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

ご依頼後、早速、被害女性と示談交渉をスタートさせました。
まずはAさんの反省の態度、および二度と同じ行為を行わないと誓っている旨を伝えました。交渉を始めた当初は、相手方の被害感情が強い様子でしたが、次第に怒りもおさまり、最終的には何とか示談に応じてもらうことができました。
金額面での交渉(示談金交渉)もそれほど難航することなく、早期に交渉を成立させることができました。

結果

示談が成立した事実、およびAさんの反省の態度などを検察官に説明して、最終的に不起訴処分となりました。
この結果にAさんは安堵の表情を浮かべていらっしゃいました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-001-535 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-001-535
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ